専門外来で働きたい看護師に伝えたいこと

専門外来での看護師の仕事は、初診の患者のヒアリングや健康状態のチェック、診療中の補助など色々なものがあり、様々な診療科の実務経験を活かすことができます。

特に、内科や消化器科、皮膚科などでの経験が豊富な看護師であれば、はじめから好待遇で働くことができ、難易度の高い業務をメインに担当させてもらえるといったメリットがあります。

専門外来の看護師の業務内容は、それぞれの医療機関の診療方針や診療部長の判断などに左右されるため、自分のキャリアに合った働き方ができる職場を慎重に選ぶことがポイントです。
例えば、国内外の総合病院や研究機関などで長期間にわたる経験のある医師が揃っている専門外来では、看護師の年齢やスキルに応じた教育がしっかりと行われることが多く、新卒者からベテランまで働きやすい環境が整っています。
看護師として専門性の高いスキルを学んで身に付けたいのであれば、研修内容が充実している勤務先を探した方がいいでしょう。

専門外来の業務が未経験・もしくは経験的に浅いという人にとっては、そこでの看護師の仕事のやりがいや面白さについては、イメージしにくい部分もあります。そのため、職場選びに時間をかけることが大切です。

可能であれば、空き時間を使って治療実績の豊富な専門外来がある医療機関を見学したりしてみるといいでしょう。また、ネット等でリアルな口コミを調べてみるのも重要です。現場を見て、声を聞いて、働きがいのあるところを見極めましょう。