将来性が期待される診療科目

看護師の仕事は診療科によって業務内容が大きく異なります。そのため、看護師にとって診療科選びはどのような職業人生を歩むかの大切なポイントになります。

将来性が高く人気がある看護師の診療科として、美容整形外科や産婦人科が挙げられます。美容整形外科や産婦人科は、他の診療科に比べて人の生死に関わる事態は少ないですが、誰かの人生の質を高める医療を学べる場として注目されている診療科です。

美容整形外科は、顔だけではなく脂肪吸引や豊胸など全身を美しくするための診療科です。
診療所にくる患者さんの多くは、自分の容姿にコンプレックスを抱き、気持ちも後ろ向きになっているものです。また、見た目が原因で家族や友人からつらく当たられた経験を持つ人もいます。

美容整形外科は、そんな人たちを苦しめてきた容姿コンプレックスを解消できる一方で、整形の失敗や整形依存などのリスクもあります。そうした背景から、美容整形外科の看護師は美容整形のメリットやデメリットをきちんと患者さんに説明し、不安な気持ちに寄り添うことが求められます。

また、次に言及するのが産婦人科の仕事。近年では、晩婚化が進み需要がどんどん増加しています。そういった現状から不妊治療を受けるカップルが増えています。ただ、いまだ不妊治療を受けることへのサポートは万全とはいえません。

長期にわたる不妊治療は経済的なことはもちろん、心身への負担も大きく、心が折れてしまうカップルも多いです。また、人工授精という方法を選択した場合、人工授精によって授かったことを子供本人に伝えるかどうかといった議論などもされています。そのような実情があることから、産婦人科では人工授精や不妊治療に関わる専門的な看護師の存在が望まれています。

子どもがなかなか出来ない不妊の悩みにしっかり寄り添い、常に支えていく看護師の存在は、これからさらにニーズが高まるでしょう。日本の晩婚化が進むにつれて、不妊治療に詳しい看護師はかなり重宝されることが見込まれます。