アレルギー科で求められる知識・能力とは?

大人になってからアレルギーを発症する人も多いことから、全国的にアレルギー科を設置する病院が増えています。そんな中、アレルギー科に属する看護師たちはどのような知識が求められるのでしょうか。

まず、アレルギー科は他の診療科目と一緒の扱いになることがしばしばあります。
例えばアレルギー科と小児科や、アレルギー科と耳鼻咽喉科などといった組み合わせが挙げられます。そのため、基本的には一つの診療科目の範囲におけるアレルギーに関する知識を身につける必要があるといえます。

アレルギー科と小児科の場合、食物アレルギーや小児喘息など、幅広い子供が引き起こしうるアレルギーを取り扱います。子どもはアレルギーを発症しやすいうえ、小児科では子供の病気全般を診るため、かなり幅広い範囲における子供のアレルギーに関する知識を身につける必要があると言えるでしょう。

それに対し、小児科以外の場合は、内科なら食物アレルギーや気管支喘息などの内科の診療範囲、皮膚科ならアトピー性皮膚炎など皮膚科の診療範囲の治療を行います。かなりピンポイントな症状を取り扱うため、狭く深い専門知識が要求されます。

また、子どもでも大人でも、アレルギーが本人のコンプレックスになったり、いじめの原因になって悩んでいる人は少なくありません。特にアトピー性皮膚炎など、見た目でわかるアレルギーならなおさらです。
そのため、アレルギー科の看護師は、患者さんの心に寄り添ったアドバイスが出来るコミュニケーション能力も要求されます。
このような専門性の高い現場で活躍したい方は、ぜひアレルギー科の看護業務を調べてみるといいでしょう。